夜勤なしの物流業界求人

物流業界求人TOP >> 条件別の物流業界求人 >> 夜勤なし

夜勤なし物流業界求人

物流業界というと、倉庫などが24時間稼働していて、ドライバーが夜通しずっとハンドルを握っているような職場だとイメージしている人も多いかもしれません。確かにそのようなハードな職場のあることも否定はできません。しかしその一方で、夜勤なしで仕事のできる物流業界の求人もあるのは事実です。正社員の案件を見ても、基本17〜18時には退社できるような案件もいくつもあります。さらにアルバイトについても、朝8時ごろから17時までの勤務時間で募集している求人も実際に出ています。アルバイトの場合、シフトなどについてはこちらの希望に極力応えてくれるような物流会社もあります。もし学生で学業との両立を希望して物流業界の仕事を探しているのなら、こちらの希望するシフトをきちんと反映してくれるかどうか、事前に確認をとっておきましょう。

物流業界では欠かせない存在として、ドライバーがいます。ドライバーがトラックなどを運転して荷物を運んでくれるので、物流は初めて回っていくのです。ドライバーというと、夜中ずっと走って物を運んでいるイメージを持っている人もいるでしょう。確かに長距離運送で長時間ハンドルを握っている人も中にはいます。

しかし物流業界で問題視されているのが、高齢ドライバーの占める割合がどんどん高くなっていることです。実際物流会社の中には、50代や60代でも現役でハンドルを握っているケースも珍しくないほどです。ただいわゆる中高年という世代になってくると、肉体的に今までのように無茶がどんどんきかなくなる傾向があります。そこで物流会社の中には、夜勤の一切ないドライバーの募集を出しているところも徐々にではありますが出てきています。夜勤なしのドライバーの募集を見てみると、運送エリアの限定されているものが多いです。例えば関東県内とか近畿地方だけといった運転範囲になっているなどです。しかも荷物の積み下ろしは、ほかのスタッフが担当してくれます。運転するだけがメインの仕事なので、50代や60代の方でも肉体的な不安を抱えることなく仕事ができるはずです。

物流業界は、何かと職場がブラックなどのあまりよろしくないうわさがインターネットを中心に出ています。しかし物流業界でもそのような従業員に極端な負担を負わせないためにいろいろと対策を講じています。無理なく仕事の続けられるような勤務体制を整備しているところもありますので、ネットの印象だけに振り回されずに個別に求人情報を詳しくチェックすることが大事です。

物流業界に転職したいならこの5サイトを使うべし!

リクルートエージェント
対応地域 全国
利用料金 完全無料
人気度合い ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 物流業界求人ランキング【※最新求人を多数紹介】 All Rights Reserved.