残業が少ない物流業界求人

物流業界求人TOP >> 条件別の物流業界求人 >> 残業が少ない

残業が少ない物流業界求人

物流業界で転職を希望する人の中には、「残業が多くて肉体的に厳しいから」という理由をあげる方も少なくないでしょう。物流業界の一般的な傾向として、他の業種と比較すると残業時間が多めです。厚生労働省が「過労死等防止対策白書」というものを公表したのですが、その中で平均的な月間時間外労働時間についての記載がありました。その中で運輸業・郵便業が月平均45時間以上と答えた企業が14.0%を占めました。これは数ある業種の中でもトップでした。また過労死のリスクの高まるラインとして、月80時間があります。月80時間以上の割合も、情報通信業と学術研究・専門・技術サービス業に次いで、運輸業・郵便業は高かったです。この結果を見ても、物流業界は長時間労働になりがちということが推測できます。

ただし物流業界に入社すれば、すべて長時間労働を強いられるわけでもないです。例えば職種を選べば、残業少なめで仕事をすることも可能です。その中でもおすすめの物流業界の職種として、事務職があります。物流業界の事務職の求人を見ると、残業少なめを売りにしている案件が多いです。事務職であれば、女性の占める割合も高めです。物流業界への転職を検討している女性がいれば、チェックしておくべき求人といえます。

男性で事務職の仕事をするのは抵抗があるという人もいるでしょう。しかしたとえば経理事務などの仕事であれば、男性社員が仕事をしているのも珍しくはないです。もし簿記二級以上の資格を持っていれば、採用される可能性も高いです。一般事務はパソコンの基本スキルがあればだれでも応募できる案件が多く、競争率は高くなります。しかし経理事務は専門性が高いので、競争率はぐっと低くなります。簿記の資格があれば、なお採用される可能性は高まります。

物流業界の中には、海外にネットワークを広げている企業も見られます。このような物流会社の場合、貿易事務の募集を出すこともしばしばあります。貿易事務になるには、海外の取引先とコミュニケーションをとる必要があります。ですからある程度の語学力が要求されると思った方が良いでしょう。英検やTOEICのスコアがあると、転職しやすくなるでしょう。

中小企業と大手の物流会社を比較すると、大手の方が残業少なめで社員管理のしっかりしている所が多いです。長時間労働になりやすいドライバーについても、長距離ドライブをした後にはしっかり休養が取れるようなスケジュールにしているなど、労働環境の整備に力を入れている所も多いです。

物流業界に転職したいならこの5サイトを使うべし!

リクルートエージェント
対応地域 全国
利用料金 完全無料
人気度合い ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

物流業界求人探しの基礎

条件別の物流業界求人

物流の大手企業の採用情報


Copyright (C) 2016-2017 物流業界求人ランキング【※最新求人を多数紹介】 All Rights Reserved.