物流業界の離職率

物流業界求人TOP >> 物流業界求人探しの基礎 >> 物流業界の離職率

物流業界の離職率

物流業界の面接では、時に資格がないことが不利になり、資格がある事が武器になる事もあります。 物流業界を目指す方の中には、物流業界に入るための秘策をあれこれ悩まれている方もおりますが、資格の有無が重要視されるというより面接の際の武器になる企業もあるので、物流業界への就職を目指す方は資格保持者が有利であるところもあるという認識は持っている方がよいでしょう。

物流企業の中にはむかしながらの考えで雇用する企業もあり、こうした企業は傾向として大卒は事務職、高卒は肉体労働というように区別します。 ただ、実際現在はそうした企業は減り、学齢に関係なく作業する事となる企業が増加しておりますが、中にはそうした学歴で職域を決められるところもあるという事は物流業界の目指す上で認識しておく事も大切です。

また、物流業界の面接の心構えとして、物流業界の面接官は傾向として口が悪いところが多いという事。 なので、面接の際に例えば資格欄に何も記載が無ければその部分をつついてくる可能性もありますので、物流業界を目指し大卒、資格なしの場合は、そうした事も踏まえ心構えをしておく事も大切です。

物流業界は、激務で給与も安い。 しかも学歴に関係なく入れるから誰でも就職できるなどというような意見もあります。 ですから、物流業界を目指す場合、そうした中傷的な意見も多い事もありますし、就職する以上は後悔や失敗を招かないためにも物流業界における離職率もしっかりと把握しなければいけません。

物流業界の離職率は、物流離職率調査からいくと入社から3年程でおよそ3割程度という結果となっています。 また、この結果は各物流企業や物流会社によって異なり、全く離職が無い企業も存在します。 つまり、物流業界の離職率は非常に低く定着率が高い仕事といえるでしょう。 物流は奥深い仕事であり、職域が非常に幅広い。 実際その業界で働く人はみなバイタリティーにあふれた方ばかり。

目に見えないものを重視する業界であり、仕事だけにそれに携わる場合の役目は非常にやりがいがある。 物流業界への就職は、範囲さえ狭めなければ視野さえも広がり、いくらでも学歴に関係なくキャリアアップ出来るという部分がやりがいにつながり、定着率の高さにつながっているのだと思います。

結論として物流の離職率は低く非常にやりがいの高い仕事ゆえに、むしろ定着率が非常に高い仕事であるという事になります。

物流業界に転職したいならこの5サイトを使うべし!

リクルートエージェント
対応地域 全国
利用料金 完全無料
人気度合い ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 物流業界求人ランキング【※最新求人を多数紹介】 All Rights Reserved.