物流業界の売上ランキング

物流業界求人TOP >> 物流業界求人探しの基礎 >> 物流業界の売上ランキング

物流業界の売上ランキング

物流、運送業界の売上ランキングをみると運送業界における売上1位は、1兆6000億円程の売上高となる日通となります。 また、続いてクロネコヤマトでご存じのヤマトホールディングスが続きます。 ヤマトホールディングの売上高は1兆3000億弱ほどとなります。

また、日立物流、セイノーホールディングス等が続き、山九、センコー、近鉄エクスプレスなどが続きます。 物流業界の売上ランキングをみると上位の日通、ヤマトホールディングス以外の物流企業は売上高もこの上位2トップの半分を下回る売上高となりますので、ダントツで物流業界の中で売上高があるのが、日通とヤマトホールディングスという事になります。

1位から順に紹介すると「日通」「ヤマトホールディングス」「日立物流」「セイノーホールでングス」「山九」「センコー」「近鉄エクスプレス」「福山通運」「鴻池運輸」「日新」となっています。

ただし、物流業界では、売上高が直結高収入ではなく「売上高1位=収入にはつながりません」ので、物流業界への就職においては各企業の売上高だけでなく平均年収情報もリサーチした上で「どこを選択すべきか?」は検討しなくてはいけません。 というのも、売上高は日通が1位ですが、物流業界における平均年収ランキングでは玉とホールディングスが日通を抜いて1位の820万円程となるので、高収入を見込み物流業界への就職を検討する場合は、その希望先として日通よりもヤマトホールディングスの方が期待できます。

しかしながら、物流業界の職域が広いので、どの職種における平均年収かはわかりませんし、すべての社員がそうなのか?というところも疑問です。 そのため、物流業界への就職や転職を検討する場合は、売上高等をした調べする事はもちろん、収入や待遇の面もよくリサーチする事は必要です。

例えば、SBSホールディングスの場合は、物流売上ランキングの中でもトップ10位以内には入っていない会社となりますが、実は物流業界の平均年収ランキングの中では5位にランクインしています。 つまり、物流業界における売上高というのは就職において重要であり、知るべき事ではあるものの、その売上高と年収の高さは比例しないため、物流業界への就職や転職を検討される場合は各企業の売上高を含め内部事情もよく把握した上での選択が必要であるという事なのです。

ちなみに売上高ランキング1位の日通の年収平均短期ング順位は9位という結果になっており年収平均580万円程となっております。

物流業界に転職したいならこの5サイトを使うべし!

リクルートエージェント
対応地域 全国
利用料金 完全無料
人気度合い ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

物流業界求人探しの基礎

条件別の物流業界求人

物流の大手企業の採用情報


Copyright (C) 2016-2017 物流業界求人ランキング【※最新求人を多数紹介】 All Rights Reserved.