物流業界の将来性

物流業界求人TOP >> 物流業界求人探しの基礎 >> 物流業界の将来性

物流業界の将来性

物流の将来とひとくちにいっても近い将来、中期的将来と異なります。 日本国内のものの動き自体はここ何年も減少傾向である事は確かです。 しかし、だからといって物流が軽視されているわけではなく、より重視される位置にいることも確かです。

ネット業界は日々飛躍的に進歩する事で様々な可能性を広げます。 それと同時にネットでの売り買いも盛んになります。 つまりIT業界が飛躍的進歩を遂げることにより可能性はどんどん広がりますが、それと同時にネット通販などでいえば、売るという行為自体に幅が広がりますし、そのものを欲しいという顧客も今以上に増えることになります。この要望に答えるという事は結果的に物流を本業としていない企業には非常に難しいのです。

これにより物流専門の会社が誕生しサードバーティーロジスティクス(3PL)という形が注目されています。ようは、今までの物流業界というのは、運動手配、在庫管理、流通加工、運送管理等を担うわけですが、物流のコストが高く物流企業自体も本業に専念できないという状況下におかれていました。 しかし、サードバーティーロジスティクスという企業活動にまつわる物流を一括し物流の専門会社に任せる新たなかたちを誕生させた事によって、物流企業も本業に専念できるし物流のコストも下がり質の高い物流サービスを提供できる事になります。

現在の物流業界は、物流会社自体が海外拠点を開設し始めており、他国への積極的な進出している状態です。 今でいえば世界の工場と言われる中国への進出が目立ちますが、物流会社はこぞって中国への進出を行っています。 このように物流業界の将来というのは、IT業界が飛躍的進歩を遂げ色々な可能性を広げているように、物流業界も今後はどんどん世界に広がり益々需要も高いといえます。

いずれにしても物流業界の今後は今以上に重要度が増す業界で質の高いサービスを今以上に目指していかなければいけない事は確かです。物流といえどもトラックから船、飛行機‥色々です。 ですが、顧客企業は一括してすべてを任せるほうがコストも下がる事になりますから顧客側のニーズ自体も一括して任せられるという方向性に転換しているのです。 そのため、物流業界には再編が促され同時に再編が進みそこには3PLというものがポイントとなっているといえる現状です。 よって、物流業界は色々な意味で再編が促されている業界ですが、現在のグローバル化に伴いその変化をスムーズにする事が物流業界の役目でありより今まで以上に重視されている業界と言えるでしょう。

物流業界に転職したいならこの5サイトを使うべし!

リクルートエージェント
対応地域 全国
利用料金 完全無料
人気度合い ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

物流業界求人探しの基礎

条件別の物流業界求人

物流の大手企業の採用情報


Copyright (C) 2016-2017 物流業界求人ランキング【※最新求人を多数紹介】 All Rights Reserved.